メーカー苦境の時代に対抗する高付加価値マーケティング ースジャータめいらくグループ商品開発PDM室長ご登壇!ー
★ 大手食品メーカーであるスジャータめいらくグループの商品開発PDM室長のご登壇!
★ 昨今の市場概況から実際のマーケティング手法までセミナーだけで理解できる!

セミナー内容

内容 1
食品メーカーを取り巻く市場概況
内容 2
大手食品メーカーが実践しているマーケティング戦略
内容 3
「健康」を軸とした高付加価値戦略

主催

エムスリー株式会社 AskDoctors総研

■背景・概要
原材料高騰に対抗する為に、各メーカーは様々な策を講じております。その中でも、商品の値上げや内容量の縮小は顧客満足度を下げる要因になりかねません。そこで消費者の購買意欲を下げない形で、商品の更なる価値を底上げできる手法の1つに『高付加価値戦略』があります。本セミナーでは、商品リニューアルや新商品ローンチの際に活用できる『高付加価値戦略』についてお話させて頂きます。

■こんな人にオススメです

  • 食品メーカーのマーケティングご担当者様
  • 食品メーカーを取り巻く市場概況に興味がある方
  • 今求められているマーケティング戦略について知りたい方


■開催日時
2月24日(金)14:00 ~ 15:30

■開催形式
ZOOMウェビナー(オンライン)

■構成
● 第一部 環境変化と2023年の消費の行方
 株式会社日本経済新聞社 編集総合編集センター調査グループ調査担当部長 白鳥和生氏

● 第二部 高付加価値商品「完全バランス栄養ドリンクTEBES」のマーケティング戦略
 スジャータめいらくグループ 商品開発 PDM室長 取締役心得待遇 中臣清登氏

第三部 商品の価値を正しく消費者へ伝える“AskDoctors"
エムスリー株式会社 AskDoctors総研所長 津田宗利

登壇者紹介

Profile

第一部 白鳥 和生氏

株式会社日本経済新聞社 編集総合編集センター調査グループ調査担当部長

読者調査などを担当する一方、国学院大学経済学部と日本大学大学院総合社会情報研究科の非常勤講師として「マーケティング」、「流通ビジネス論特講」の科目を担当する。日本大学大学院で企業の社会的責任(CSR)と持続可能な開発目標(SDGs)を研究し、2020年に博士(総合社会文化)の学位を取得する。著書に「ようこそ小売業の世界へ」(商業界)、「即!ビジネスで使える新聞記者式伝わる文章術」(CCCメディアハウス)などがある。

Profile

第二部 中臣 清登氏

スジャータめいらくグループ商品開発PDM室長 取締役心得待遇

1991年に入社、関東地区営業担当、地区責任者を経て、2017年に量販店向け、家庭用推進部長、2020年に商品開発PDM室長(現職)

Profile

第三部 津田宗利

エムスリー株式会社AskDoctors総研所長 兼 ヘルスケアマーケティングG グループリーダー

1977年、大阪府生まれ。2002年5月、関西大学卒業後、広告会社を経て、株式会社ぐるなびに入社。主にコンシューマに向けたマーケティング業務(会員サービス、ECモール事業、モバイル戦略、外部アライアンス、広報等)を歴任。2015年3月、エムスリー株式会社に入社。機能性商品のマーケティング支援事業(AskDoctors評価サービス等)を主導。

Profile

司会 武藤 麻実子氏

日本食糧新聞社・新製品事業部長 兼 月刊「食品 新製品トレンド」編集長

記者として、年間約1万件に及ぶ食品の新製品を20年以上分析。新製品開発にまつわる様々な切り口のセミナー企画も行い、最新情報を業界に届けている。日本食糧新聞社制定「食品ヒット大賞」の審査にも関わるほか、「フードメッセinにいがた」内の「6次大賞」審査員長も務める。

お申し込みフォーム

弊社は、ご回答頂いた個人情報及び、閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐づけて取得しています)を、 本セミナーのご案内及び次回以降に配信するセミナー、レポートのご案内、製品・サービスのご紹介などの営業活動に利用させて頂きます。 個人情報の取扱いについては こちら もご参照ください。

こんな方におすすめ

  • 食品メーカーのマーケティングご担当者様
  • 食品メーカーを取り巻く市場概況に興味がある方
  • 今求められているマーケティング戦略について知りたい方

主催者情報

会社名
エムスリー株式会社(英文表記 M3, Inc.)
会社所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目11番44号 赤坂インターシティ10階
代表
谷村格
設立
2000年9月